寝室での利用も出来るソファベッドの機能とインテリア性

ソファベッドの寝心地のよさを堪能しよう

ソファも欲しいし、ベッドも欲しい。でも両方購入するお金も、購入したとしてもスペースもない問い方にお勧めなのがソファベッドです。ソファとベッドという二つの家具を一つにまとめてくれ、どちらに使ってもそれなりに機能的に使うことが出来るようになっているからです。

ですから、ソファベッドをぜひお勧めしたいのは、一人暮らしで部屋が狭い人やワンルームの部屋の人でしょう。寝室が狭いと言う方にもおすすめ。特にこれから新しく一人暮らしを始めるという学生さんや、急な業務命令で単身赴任をせざるを得なくなったご主人やお父さんにもぴったり。

ソファベッドには、折りたたみタイプと引出タイプがあります。それぞれメリットとデメリットがあるのですが、実際にソファベッドをソファの状態、ベッドの状態のそれぞれで座ってみたり体を横たえてみたりして、ソファベッドの感覚を様々に確かめるようにしましょう。


一般的にいうなら、ソファベッドの中でもベッド機能を充実したものにしたいなら折りたたみ式、ソファの状態を優位にしたいなら引き出し式といわれています。折りたたみ式のソファベッドとは、リクライニング方式で背もたれの角度が変わっていくタイプのソファベッドのことです。

一方で引出タイプのソファベッドとは、ソファの座面を引き出すとずるずると伸びて、それがベッドになるというタイプです。もし毎日日常的にソファとしてもベッドとしても使うというようなら、折りたたみ式のソファベッドの方がよいでしょう。

なぜなら、ソファベッドの寝心地が全然違うからです。ソファベッドの寝心地は、一般的に悪いと言われています。それは、ソファベッドはベッドのマットレスほどクッション性に富んでいるわけでもないですし、ソファに使われているウレタンはいったんへたれてしまうと、元に戻ることはありません。

そのため、ソファベッドのクッション性がなくなってしまったら、元に戻るということはあり得ません。また外に干して日にあてるということもできないので、衛生面でもきれいとは言えない状態が続きます。ベッドはそもそもウレタンなど使っていることはありえず、体をしっかりと支えてくれる上に心地よい眠りをサポートしてくれるマットレスがあります。

マットレスとウレタンでは、寝心地に天と地ほどの差が開いたとしても、当然のことでしょう。ですから、いくら折りたたみ式のソファベッドの方が寝心地がいいといっても、絶対にベッドにはかなわないということは頭の片隅に置いておく方がよいかもしれません。

また、折りたたみ式のソファベッドの方が引き出し式のソファベッドよりも寝心地はよいのですが、折りたたみ式ソファベッドにはそれなりのデメリットもあります。それは何かというと、金具です。折りたたみ式のソファベッドはリクライニングをさせるため、リクライニング部分の切り替えしのできるようにしてある金具がネック。この金具はベッドの状態にしたときに、ちょうど中央部分に来るような位置にくるのです。寝室等での使用はきびしいかもしれません。

ソファベッドをベッドとして頻繁に利用していると、徐々にウレタンにへたりが出てくるのですが、ウレタンがへたってくると、この金具が出てきてくるのです。寝ようとしている中央部分に金具が触って分かるようになってしまうのですから、それでは寝心地が悪くなって当然でしょう。

そんなソファベッドを購入するのは、絶対に新品を買うことがお勧め!中古や激安品としてもソファベッドは販売されていますが、どのようなものでも大して気にしないという気持ちがよほど強いか、またはソファベッドの使い捨ての感覚がない限り、絶対に新品の方がお勧めです。

なぜなら、上記のようにソファベッドは使えば使うほど、寝心地がますます悪くなっていくからです。中古品を買って最初から寝心地が悪いものを使っていては、それ以上よくなることはないとわかってしまっているようなものですし、激安品を買えばすぐにへたってしまうことは容易に想像できます。

ですから、ソファベッドを買う時は新品を買うようにしましょう。もしソファベッドを長く使いたいなら、背もたれやクッションを外すことが出来る、セパレートタイプのソファベッドがお勧めです。セパレートタイプのソファベッドというだけあって、掃除も洗濯もしやすく、もしへたった部分があったとしても、その部分だけ交換するということが出来ます。

上手なソファベッドの購入をして、より快適な寝心地を手に入れるようにしていきたいものです。寝室でソファベッドを利用するときは大きさにも注意です。寝室の入り口から中へ入らないと言う事が無いように。

ソファベッドは家具?インテリア?

ソファベッドは家具として扱うのか、寝具として扱うのか考えた事はありますか?
便利さが高いと家具に入り、デザイン性が高いとインテリアとして扱われる事になるのです。
じゃあ、ソファベッドはどっちん入るんだ?と思う方も多いでしょう。

一昔前のソファベッドであれば、寝室持つけるし、リビングでも使える便利さだけが突出した状態だったので、家具という位置づけでした。人によっては、まだまだ寝室でつかう寝具だ、家具だという人もいるかもしれません。

しかし、ここ最近ではデザインが格段に向上したソファベッドが登場したため、専門家であっても、その分類上、扱いに困る事があると言われているほどです。 まぁ、そんなことからインテリア家具なんて呼ばれるようになったのかもしれませんね。

インテリア家具が持つその意味

インテリアとは、室内装飾品のことを指します。

インテリアはもともと室内という意味があって、寝室等の室内の装飾品や家具、調度類、設備機器や室内設計のことを指す言葉として使われています。とはいえインテリアという言葉の定義はあいまいで、同じものを指しても人によってはインテリアと呼ぶ人と、インテリアとは呼ばない人がいます。

たいていは、実用性や機能性よりも装飾性が重視されている家具や調度類を指すわけです。ですから、装飾性が低いものは家具となり、装飾性が高いものはインテリアとなるというわけです。

そのため、テレビやDVDレコーダー、ブルーレイレコーダーなどは実用性や機能性の方が重視されているため、家電製品として別に扱われ、インテリアの部類には入りません。しかしデザイン性を高めたようなDVDレコーダーやブルーレイレコーダーになると、インテリア製品に含まれるようになるということです。

また、システムキッチンも、機能性よりも美しさや清潔感を出す設計になっているものが多いので、インテリア製品に含まれる家具になるでしょう。
新しい部屋やキッチンを使うことになった時、また引っ越した時などは、インテリアを常に意識して家具を選びましょう。個人的に気になる寝室でのインテリアに移りましょう。
寝室でのインテリアコーディネート
インテリアコーディネートの中で、寝室は非常に難しいと言われているのが現状です。
それはどういうことかいうと…寝室の広さと、寝室ようのインテリアの種類の少なさが原因なんです。

そんな寝室でのインテリア、うまく纏めるにはどうしたら?その時に参考になるのが、インテリアショップの、コンセプト別に設置されているコーディネイトされた寝室やリビング等の部屋の模型です。

他の人の家となると、そんなにしょっちゅうインテリアを見に行くことはできませんし、また人の寝室をじろじろと見るものでもありません。しかしインテリアショップなら、さまざまにコーディネイトされた寝室のインテリア術を目の当たりにできますし、参考にすることが出来ます。

また他にもプロがした寝室インテリアを見ることが出来るスペースというと、マンションのモデルルームがあります。マンションのモデルルームの方が、インテリアショップのコーディネイト別の寝室コーナーよりも、リアリティがあって、イメージしやすくなるかもしれません。

こういったモデルルーム寝室やインテリアショップの寝室インテリアコーナーには、実は見方のポイントがあります。これらのインテリアは、限られたスペースを広くゆったりと感じられるように、寝室などの若干狭い部屋でも、家具の色や配置の工夫がなされています。

広く、ゆったりと感じられるような寝室のインテリアの工夫とは、色は床や壁の色を基調にして、あまり多くの色を使わない方が寝室全体がまとまった印象になりますので、ゆったりと見えるようになります。

赤や黄色などの膨張色は、寝室を狭く感じさせてしまいますから、クッションなどワンポイントに用いることはありますが、寝室でのインテリアのメインの色にすることはめったにありません。また、ソファベッドやベッドなど、寝室の面積に占める割合が大きい家具は、特に注意を払う必要があります。
インテリアの演出を楽しもう
寝室等の狭い部屋を広く見せるためには、床の色と同色系のソファやテーブルにしたり、ガラスのテーブルにしたりして、存在感を抑えるようにします。こうすると、寝室等が広く見えるようになります。

また背の高いものはなるべく減らして部屋の壁面を多く見せ、色も淡色系にして、広がりを演出させたりしています。 さらに、収納や照明は、部屋の印象を大きく変えるポイントとなる家具です。

収納は、壁面を利用して効率よく収納できるタイプのインテリアでは、非常にすっきりと見えるようになりますし、最近多いものに“見せる収納”といったものがありますが、これもすっきりと見せるような効果を生んでいます。寝室にもぴったりですね。

見せる収納とは、小物を壁にかけたり日常よく使うものをあえて目に見えるところにおいておいたりするような収納の仕方です。また照明も、ダウンライトや間接照明を積極的に利用して、空間に変化をつけることで奥行きを感じさせるようにしたりしています。

部屋のコーナーにスポットライトを上げるだけで、立体的な印象が生まれるので、奥行き感が出るのです。照明と寝室のインテリアの相性は◎! こうしてインテリアは住む人の個性を出すようなものとなり、多くの方がついはまってしまったり、凝ってしまったりするようになっていくのです。